Giz'Mo「最近思うこと07:幸せの時間軸」


Giz'Moでございます。 色んなことが重なってバタバタしてますが、何とかやっております。 モッキーさんの笑顔は人を幸せにしますね。 そろそろJ'S DINERの新プログラム「BACKYARD」の準備をしなきゃと思ってます。 配信ライブという言葉に縛られ過ぎてた気がします。 2年やってきて「特別な物が見せられたか」を振り返った時、まだ出来てない部分があると気付きました。 BACKYARD=舞台裏。 それを僅かでも観てもらうことが出来たら良いなと思っています。 さて、今日も書いて行きますね。 最近思うこと。

幸せの時間軸。


哲学の世界の話では、人はみんな「幸せになるために生きている」そうです。

誰だっけ?ニーチェ?…。

幸せについての定義を知らない私が語ったところで、あまりそれっぽい話は出来ないけれど。


でも思ったんですよ。


「幸せ」には時間軸がある。


人はみんな幸せを「未来に設定」していて、それが根本のズレを生むんだろうなと思って。


理想と現実っていう言葉を良く聞きます。


理想(未来)と現実(たどり着いた未来)。


時間軸がある事を前提に置かず「幸せな未来」を描くことで、想像している「幸せな未来」にならなかったことを不幸と捉えてしまう。


そして、本当のことなんて見えないのに「周りは幸せな未来を手にしている」気がして焦ったり妬んだりする。


その現在地点を人は「現実」と呼び、更に先の未来に「得られなかった幸せ」を再設定する。


多分、人生はその繰り返しだ。


・あの子は大手に就職が決まったらしいわよ。


・アナタまだ結婚しないの?


・子供が出来ると幸せだよ〜。


・あの人は若いのに貯蓄が何千万円ですって。


・家は早くに建てた方が良いよ。

よく物語で見かける「他人に押し付けられる幸せの図式的なヤツ」は、時間軸がズレてる。


「アナタまだ結婚しないの?」

結婚してない人は言わないフレーズなのよ。

つまり語ってる人にとって結婚は過去になってて、言われてる人にとっては未来なんだよね。


当たり前なんだけど、時間軸が違うので「違う物差しの押し付け」になるんだろうなと。


ついでに「アナタまだ結婚しないの?」と語っていた人も未来で離婚すると、物語ではこう語ります。

「やっぱ一人は楽だね〜もう結婚はこりごり」


ほら、単なる時間軸の話。


自分と他人は、同じ世界にいるけど「同じ時間軸では無い」から、幸せの尺度もまた違うと思うのです。


今日この日、この世界にはペットを飼い始めて幸せに満たされている人と、ペットを亡くして悲しみに暮れている人がいます。


そこには10数年の「時間軸のズレ」がある。


だから「ペットがいると良いよ〜」という言葉と「こんなに辛いなら二度と飼いたくないよ」という言葉が同時に並ぶ。

正しい答えは分からないけど。


①振り返って幸せだったか。

②今幸せか。

その2つが大切で、未来が幸せかどうかは哲学的に言えば「どうせ一生ついて回る思考」かなと。

だからこそ自分に言い聞かせたいのは、他人の語る幸せに踊らされて未来を描くなという事。


今日を良い日にしよう。


自分の尺度で幸せを測ろう。

Giz'Mo

閲覧数:82回1件のコメント

最新記事

すべて表示

Reunite vol.4