Giz'Mo「最近思うこと09:技術の進歩」


Giz'Moでございます。


仕事の量がハンパじゃない!


いつも追い込まれているタイプの人間ですが、自分史上1番ギリギリの綱渡りで〆切と戦っております…。


なので、ちょっと短めでごめんなさい!


最近思うこと。


技術の進歩


去年の暮れからずっと「買うべきか否か」をエンジニア内田と話し合ってきたボーカルファイナライザーというエフェクト。


普通なら、①歌の音量を均一に、②サ行の擦れる音を抑える、③低音や高音を適切なバランスに調整、④歌の響きを整える。


みたいな作業を順に細かくやって行くんだけど。


それを一瞬で終わらせてくれるエフェクトを発見しまして、社内LINEで話題になりました。


「魔法かよ」と。


そんなに凄いならナゼすぐ買わなかったか。


「これに頼ることで腕が落ちる可能性」


便利すぎるが故に、これに慣れると歌の処理が下手になるかもしれないという恐怖心がありました。


例えると。


100%自動運転の車が発売されたとして、それに頼っていたら普通の車が運転できなくなっちゃうんじゃないかという気持ち。


悩みに悩みました。


でも、遂に先日購入しました。


その場でちょっと試したんですが、もう強烈でした。


たった2秒で、今までなら10分かけても出せなかった音を作ってくれます。


今までの努力や苦労を返してくれ…。


こうやって時代は変わり、昔ながらの手法はアナログと呼ばれる様になって行くんだろうなぁとつくづく思いました。


多分、ここから劇的に我々の曲は聞こえ方が良い方へ変わると思います。


開発メーカーさんに感謝します。


でも、こんな物があったら誰でも良い音になっちゃって、また敵が増えると思います…。


技術の進歩って本当に凄いよね。



Giz'Mo

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Reunite vol.4